ブログの記事はオリジナルが求められる。では画像は?

みなとみらい観覧車
ブログを書く際にとても重要なことは、何と言ってもオリジナル記事です。

どこにでも書いてあるような内容は、閲覧者からすぐに見抜かれてしまいますし、検索の神様のgoogleにも見抜かれます。
他のサイトのコピペなんてもっての他です。

さて、ブログを書くときに、見た目にも配慮したいものです。
適度な画像は、読み手にとって非常に有益。

想像してみてください。
文字がビッシリと書かれたページと適度に挿絵が入っているページ。

どちらが、見やすいか直ぐに分かりますよね。

さて、適度に画像があったほうが良い事が分かったところで、次に浮かぶのは「じゃあ載せる画像はどうすれば良いの?」だと思います。

ブログの記事毎に適当な画像を探すのは結構シンドイのです。

これを解決する良い方法は素材サイト。
筆者が使っているのはこちら↓

相当期間使っているのですが、最近ふと気になったことが。

画像のオリジナル性はどうなんだろうか?
ということ。

記事がオリジナルを求められているのなら、画像もオリジナルを求められるのではないか?

Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)では、ユーザーに付加価値を提供する独自のコンテンツを持つウェブサイトを作成するようアドバイスしています。特に、アフィリエイト プログラムに参加するサイトにとって、これは重要なポイントです。

とも書いてある。
普通に文章を読めば、画像は素材サイトでOKとは思えないですよね。

幸いなことに、私のブログでは素材サイトから購入した画像をそのままではなくカットして使ってします。

というのも普通の写真の縦横サイズですと画像の高さが高すぎて、ブログに合わないのです。
その為、半分程度にカットしています。

そういう加工をしているから安心♪
と思っていたのですが、もしかしたらgoogleさんはそんなことをお見通しで、もっとすごい技術で対策をしているのではないかと。。。

そこで調べてみることにしました。
自分が素材サイトから購入した写真を更にカットしたものを右クリックすると「googleで画像を検索」という文字がクリックできます。
クリックすると。。。

。。。バッチリカットされていない画像が表示されました。
つまり、googleさんは、カットした写真と元画像を同じ画像だと認識している。という事になります。

もちろん、素材サイトから有料で購入したので、画像事態を使う事に問題はありませんが、googleから見れば使っている写真が他のサイトと同じだと判断するでしょう。

今まで作成したページは数千ページ。
あぁどうするかな。。。
気の遠くなるような作業ですが、準じ差し替えをするとともに、これからは素材サイトを極力減らしてオリジナル画像を入れていきたいと思います。

起業に役立つメールセミナー