ドン引きされている#(ハッシュタグ)の使い方とは?

今回のお話しは#(ハッシュタグ)です。
あなたはインスタやtwitterで流行っている#(ハッシュタグ)使っていますか?

#+キーワードで検索ができることから、#●●とつけて投稿する人が多くなっています。
ところが!
ハッシュタグ
#を大量に入れ込んだり、誰も検索しないキーワードを入れたり、文章中に#を入れたりと、見ていて
イタタタタ、、、という痛い投稿が目に付くようになりました。

#今日、#かなしい、#ストレスとか、完全にイミフです。
そんなキーワードで人が来ても、何にもなりません(笑)

ただ、ビジネスで使うなら、売り上げにつなげる為に#を活用したい気持ちも分かります。
では、どうすれば効果的でウザがられない#を付けることができるのか?

#をつけて投稿すると、当然投稿画面に#が表示されます。
また、twitterやfacebookに連動させると連動先にも#が表示されます。

これが結構うざいんです。

#がたくさん付いていれば付いている程、必至感が伝わってしまいますし。
マヌケ感もあふれ出てきてしまいます。

では、どうすればよいのか?

#を付けないで投稿するのです。

付けなかったら意味ないやん!っていうツッコミが入りそうですねw。
大丈夫。

投稿した後に、自分で#コメントを入れれば良いのです。

#は検索対策ですからこれで充分です。
今回はココまでです。

【ご案内】ブログには書けないネット役立ち話は、メルマガで配信メルマガ登録はこちらから


【お知らせ】アツスタは「厚木でスタディー」の略称です。 東京に行かなければ聞くことができない、講師陣を神奈川県厚木市にお呼びして「ウェブサイトをビジネスに活用するセミナー」を毎月第二木曜日に開催しています。
次回フォーム
【なぜ、厚木でウェブの勉強会を始めたか?アツスタ紹介動画♪】