ランディングページを依頼してみた

過去記事では、ホームページ業者にホームページの制作を依頼してはいけない。
と書きました。

その私が、ランディングページを制作するのに、プロに依頼をしました。
と言っても、予定では、私が運営するサイト1ページをランディングページ化する試みです。

ランディングページって何?という方のために、解説しておきましょう。
ランディングページは直訳すると、着地するページという意味ですが、ネットの世界では、1ページで問合せ・資料請求・購入を促す、独立したページのことを言います。

つまり、そのページだけを見て、問い合わせや購入など、コンバージョンを目指すページとなります。
一般的には、単独のページを別に作ります。

さて話を戻しましょう。
ガチっとペルソナを絞り、エッジの効いたランディングページを作ります。
これでもか!っていうくらい顧客属性を絞ります。
あっ、ペルソナっていうのは、想定顧客のことです。念のため。

結構勘違いされやすいと思いますが、トップページに来る訪問者のコンバージョン率は非常に低いです。
コンバージョンは個別のページのほうが圧倒的に高いですからね。

そこで、トップページは思いっきりペルソナを絞って制作しても良いのではないか?という仮説を立てました。
でも、やっぱりそこまで勇気が出ないので、単独ページに(笑)

私の会社では、毎週月曜日に業務改善をしているのですが、先日DMを辞める。と発表しました。

DMをしなくてもウェブ経由で十分な数の集客ができていることが理由です。
むしろ、DMをやめることにより、浮いた予算をランディングページの作成、PPC広告に投下したほうが、より多くの集客ができると判断したのです。

自分では、各記事にランディングページのようなエッセンスを入れ混み、それなりに誘導できるものになっていると思いますが、ウェブ経由の集客を更に進化させるために、本格的に制作してみようと考えました。

いつもは、自分で制作に取り組むところですが、あいにく、別の事業のウェブサイトの制作もしており、とてもじゃありませんが、時間が取れません。

ちょうど、DMを辞めることによって浮いた事業予算を充てられますし、時間の短縮にもなります。

お任せするのは、数々の実績もある方。
アツスタの講師としても登壇していただくことが決まっています。

ランディングページの成果は別途、メルマガの読者様だけに、報告したいと思います。

【ご案内】ブログには書けないネット役立ち話は、メルマガで配信メルマガ登録はこちらから


【お知らせ】アツスタは「厚木でスタディー」の略称です。 東京に行かなければ聞くことができない、講師陣を神奈川県厚木市にお呼びして「ウェブサイトをビジネスに活用するセミナー」を毎月第二木曜日に開催しています。
次回フォーム
【なぜ、厚木でウェブの勉強会を始めたか?アツスタ紹介動画♪】